取り扱い商品

ホーム > 取扱い商品 > 屋根融雪ヒーター

屋根融雪ヒーター

屋根融雪ヒーター

重労働でキケンな屋根の雪またじから解放されてみませんか?

自然豊かな、飛騨地方。豊穣の恵や、心温まる四季のうつろいはかけがえのない財産として未来の子ども達にも残したい…。
けれど、高齢化社会の波は確実に飛騨の地にも押し寄せています。
今や、毎冬の「雪またじ」は風物詩としての単なる重労働から「憂鬱な重労働」、そして「危険な重責」へと変化しつつあります。
屋根融雪ヒーターは体力的な負担を軽減するためにも、「落雪事故」「落下事故」のリスクを軽減するためにも最適な設備です。

屋根融雪ヒーターのここがスゴイ!

屋根融雪ヒーター設置の様子

どんなタイプの屋根にも対応!優れた耐久性
屋根の形、屋根の素材に合せた施工工事で、短期間で完了します。
使用さする融雪管は、JIS規格認定の肉厚銅管なので、融雪パネルと共に耐久性、放熱性は抜群です。
電源投入直後から急速に温度上昇
ヒーター線は電源を入れてから遠赤外線の放射はすぐ始まり、温度上昇率も早いため短時間に融雪できます。
低燃費な融雪装置なので家計にもやさしい
自動で雪を溶かしてくれても、気になるのが電気代。
当社取扱いの融雪ヒーターは周辺温度を感知して、雪が乗っていない所は、発熱量を少なく、雪が乗っている所は、発熱量を多くするタイプなので、電気代を抑えることが可能です。
ヒーターの寿命は半永久的!
ヒーター線は、トランジスタやダイオードと同じ半導体を素材にしています。従って、規格外の動作(例えば、許容電力密度を超えて使用する)をしなければ寿命は半永久的です。
施工期間はどれくらい?
屋根の形状、付近の道路状況、天候によって誤差はありますが、実際の工事期間は正味3日間程度になります。
短期間の設置になりますが、施工技術に手を抜くことはありません。ご安心ください。
気になるのは電気代、どれくらいかかるの?
融雪ヒーターを設置した場合のお得な電気代割引コースがあり、当飛騨地方にも対応しています。ご相談ください。
故障した場合は、どうするの?アフターフォローが心配・・・
弊社取扱いの融雪ヒーターには本体装置5年が付帯しています。
また使い方が分からない時、小さな疑問点が発生した場合、お気軽にお問い合わせください。

地域の業者だからこそできる、実情に基づいた施工

地域の業者だからこそできる、実情に基づいた施工

積雪地域では色々な業者が融雪設備を手懸けています。
けれど、同じ積雪地域でも、地域の実情は雪質、その地域の道路事情、街の住宅実情建築様式などそれぞれに独自性があります。
地元地域での施工実績が豊富な私たちだからこそ、この地域の方々に自信を持ってオススメできるノウハウがあります。

地域の業者だからこそできる、実情に基づいた施工

屋根融雪ヒーター通電前の積雪 端縁(はぶち)のヒーターの効きはバツグン!
屋根融雪ヒーター通電前の積雪 端縁(はぶち)のヒーターの効きはバツグン!

他にも、たくさん施工事例をご紹介しています!

屋根融雪ヒーター設置のご相談・お問い合わせはこちら

メールはこちら

飛騨市にお住まいの方は市から工事費の1/3(上限50万円)補助されます。(→詳しくはこちら
また、助成金申請に必要な手続き・書類の手配も神工電気がいたします。お気軽にお問い合わせください。

こちらは助成金制度対象の商品です

ページの先頭へ