取り扱い商品

ホーム > 取扱い商品 > LED照明

LED照明

環境に優しく、電気料金も削減!事務所・倉庫に簡単設置、蛍光ランプ型LED照明

LED照明

現在、地球温暖化防止のために、世界的規模でCO2(二酸化炭素)の排出抑制に取り組んでいます。日本政府も2020年までに1990年度比25%削減を目標に掲げることを宣言し、各産業も積極的に取り組み始めたことが、各報道機関によって大きく取り上げられました。
太陽光発電システムは、太陽光をエネルギーとして自家発電をし、電力会社から購入する電気と併用して家庭の電気をまかないますので、通常の電力会社に売電できるので経済的にも大きなメリットがあります。

LED照明は、約5倍の長持ちパワー!(定格寿命40,000時間以上)

LED照明は、約30~50%削減!

CO2排出量削減効果、鉛や水銀は使用していません 管体にガラスを使用していないので、割れて飛び散るということがありません!プラスチック製 紫外線の放出量が少ないので、虫が寄りにくい

LED照明は環境にも家計にもやさしい!

電気料金試算
消耐用時間/年数
消耐用時間/年数
安定器
安定器
1本当たりの年間電気代(12時間/1日)
1本当たりの年間電気代
100本当たりの年間電気代(12時間/1日)
100本当たりの年間電気代
10年間の電気代
10年間の電気代
10年間の必要本数
10年間の必要本数
CO2削減試算
消費電力
消費電力
月間消費電力
月間消費電力
月間CO2排出量
月間CO2排出量
年間消費電力
年間消費電力
年間CO2排出量
年間CO2排出量
※CO2排出係数を0.36として計算しています。
※1日の点灯時間を12時間、月間25日、年間300日として計算しています。
安全保障は大丈夫?
弊社の販売するLEDバルブは、万が一に備え、最高で3億円のPL保険に加入しており安心です。次回ランプ交換時にも工事担当の方が把握されるよう、照明器具がLED専用になっている旨をお知らせする注意喚起のステッカーを貼付しています。
LED照明と電球照明の違いはなんですか?
発光の色:電球は、太陽と同じ発光、LEDは、人工光です。電球はフィラメントが電気で発熱して発光するので、広い範囲の光の成分(波長)を出します。いわば、小さな太陽ですので、自然な光が得られます。LEDは、赤/緑/青の3波長か、または、青(紫外)の波長と黄色蛍光体で光を出します。これらの波長は、混ざると白色になります。つまり、白色に必要な最低限の波長のみを出すのが照明用LEDです。

LED照明はこんな場所に最適です

  1. 高所で取替工事が困難な場所で、取替費用の負担が大きい
  2. 看板、道路、道路、間接照明など、連続点灯時間が長い場所、常時点灯している場所
  3. 今まで使用していた照明器具が壊れ、新しい照明器具に取替を予定している場所
外灯・防犯灯
地方では各自治体に管理が任されている事も多い外灯や防犯灯。
なかなか夜間の点灯点検も広い地域では、大変な重労働です。
また、交換自体にも手間がかかるので、ついつい切れてから修理完了まで時間がかかってしまうのが現状です。
そんな局面に、長寿命のLEDは打ってつけです。

外灯・防犯灯

浴室天井・ブラケット
特に、広い公共の浴室は天井が高い場合がほとんどで、蛍光管交換もお仕事になります。
管理業務の軽減と、安全対策の面からもLEDはお勧めできる器具と言えます。

浴室天井・ブラケット

店舗
お店屋さんはイメージが重要な要素。切れた照明をそのままにしていては、お店の品位そのものと、お客さまに判断されてしまいます。
しかし、商店主様の方々にも、高齢化の波は例外なく押し寄せていて、高い天井の照明交換は大仕事になりつつあります。
また、原則開店中は昼夜の別なく点灯されるため、連続点灯時間はどうしても長くなってしまいます。
結果、蛍光管の消耗も早くなってしまう。そんな、店舗の現場にもLEDはお誂え向きと言えるのではないでしょうか

店舗

他にも、たくさん施工事例をご紹介しています!

LED照明のご相談・お問い合わせはこちら

メールはこちら

ページの先頭へ